各種の免除

会社設立と各種の免除について

会社設立をするということには色々な意味があります。起業をして自分の会社を作ろうと言う人にとっては一つの節目であるという意味になる場合もありますが、元々何らかの事業を行っていた人が会社設立をする場合には、法的な保護を受けると言う意味や税金関係での対応など数々のメリットを得るための行動である場合もあります。特に個人事業主として事業を行っていた場合にはかなりのメリットを受けることが出来るため、事業が一定の規模になると自然と目指すことになってくるものであると言うことが出来るでしょう。

まず最初に知っておきたいのは会社設立することによって得られる数々のメリットです。例えば個人事業主として事業を行っており、何らかのトラブルにあったり、大きな借金をした場合にそれを返済できないという事態になった場合、個人事業主であればそこに生じつ全ての責任を個人で制限なく引き受ける必要があります。個人事業主の場合には労働契約ではありませんので労働者を守るための法律の保護を受けることは出来ませんし、会社として承認されているわけでもないために会社を保護するための法律の庇護も受けることが出来ないという問題に直面することになります。
この内責任に関しては会社設立を行うことで個人の無限責任ではなく、会社の有限責任で応じることが原則となります。例えば大きな借入金をした場合でも出資者の出資した資本金の額を限度として責任を問われるのみになります。この様に個人の無限責任を免除してもらうことが出来るのが会社設立による最大のメリットであると言えるでしょう。

そしてさらに大きなメリットが得られるのが税金を一部免除してもらえるという点に関してです。まず最も確実に税金の免除が行われるのは、給与や報酬といった収入を経費として計上することが出来ると言うことにより課税対象から外れるのみならず、経費として処理することが認められる点にあります。このことにより、一定の条件があるものの、個人事業主であった頃には課税対象となっていた自分の取り分が課税対象から外れるだけではなく、経費として計上できるようになるという大きなメリットを得ることが出来るようになります。

他にも会社設立後二年間は消費税の支払いを免除してもらうことも可能であるという仕組みがあるため、非常に多くのメリットが会社設立には存在しています。この様な仕組みを活用して業績を伸ばすことが出来るため、会社設立に手間暇とお金をかけることが出来るのです。