必要な保険の加入

会社設立に必要な保険の加入義務

会社設立をするときに意外と忘れられているのが保険への加入義務です。
法律で義務づけられていますから、加入しなければならない場合がありますから注意が必要です。
キャッシュフローに大きな影響を与えますから会社経営にも影響があると言うことは頭に入れておかなければならないでしょう。

具体的な金額はケースバイケースで異なりますが、たとえば30万円の給与を支払った場合には、翌月には9万円近く費用が発生します。
加入義務についてきちんと把握しておかないと、資金繰りに困ることになるかも知れません。
そこそこ大きい費用ですからきちんと把握しておきましょう。
社会保険の加入義務についてですが、まず従業員が5人以上いる場合には、一部の例外を除いて加入することが義務づけられます。
その内容にはいくつかの種類があって、それぞれ加入義務の基準が異なるという点についても注意しなければなりません。
たとえば、社員は加入義務があるのが普通で、非正規雇用者の場合でも常用なら加入しなければならないと定められています。
ですから、アルバイトを雇ったとしても、社員と同じように働いているのなら加入しなければならないのです。
会社設立をするときに、コストを抑えようと思ってアルバイトで回していくのは良い方法なのですが、それでもコスト面を考えると社員を雇うのと同じようなものだという点に注意しなければならないでしょう。
その負担の割合についてですが、これはそれぞれのケースで異なっていて、会社側と社員側とでだいたい半分ずつ支払うことになります。
ですから、社員の手取金額は減りますし、会社としての負担もあります。
ざっくり計算をするのなら、15%ずつ負担すると考えておきましょう。
ですから、30万円の月給を支払えば、4万5千円を社員の給料から天引きし、そして4万5千円を会社が支払うことになります。

会社設立をすればコストダウンができると考えるのは自然なことなのですが、このようなことを考えて見ると負担は大きくなると言う…注意が必要です。
会社設立をすることで税金を安くすることはできますが、保険料の負担の方が上回ることもあり得ることです。
ただ、デメリットばかりではなく、メリットもありますから、会社設立をするときにはこのメリットも把握しておくことは必要です。
メリットとしては、採用しやすくなることが挙げられます。
やはり社会保険に加入しない会社よりも、加入する会社で働きたいという人は多いため、優秀な人材を確保しやすいです。